法務分野でグローバルに活躍できるライセンス

米国弁護士資格は、米国各州が認定する弁護士資格です。

米国弁護士資格の持ち主は、米国法およびその淵源であるコモン・ローへの深い知識および法務分野の実践的な英語力の持ち主として、企業法務の分野において国内外で高く評価されています。

企業法務を巡る現状

海外に進出した日本企業の多くは、法務面でのトラブルに直面しています。
例えば、中国に進出した大手アパレルメーカーは、従業員との労働条件の調整に失敗し、大規模なストライキに遭遇しました。

また、欧州では価格カルテルを理由に、多額の支払いが命じられた例があります。知的財産分野では、米国を中心に、いわゆる「パテントトロール」という企業群が、日本企業などから多額の特許使用料を請求するという事例も見られます。

日本企業以外でも、グーグルとオラクルの「Java(ジャバ)」に関する著作権を巡る紛争など、企業の直面する法務トラブルは、グローバル化の一途をたどっているのです。

米国弁護士資格および米国LL.M.(法学修士)のニーズ

グローバルに発生する法務トラブルに対応するためには、企業の内外で、高い専門性、具体的には、「法律知識」と「英語力」を備えた人材の充実が課題です。

日本の法務では従来、資格よりも実務経験が重視されてきました。しかし、法務に関する業務がグローバル化するにつれ、「資格」や「学位」という側面がクローズアップされざるを得ません。なぜなら、実務経験というのは「見える化」が難しいからです。

「米国弁護士資格」やLL.M.(法学修士)をはじめとする米国の法学学位は、それだけで、一定水準の法律知識や法的思考能力、そして英語力を備えているとみなされます。すなわち、知識の「見える化」を可能とします。
そこで、「法律知識」と「英語力」を備えた人材として、「米国LL.M.(法学修士)」および「米国弁護士資格」が求められているのです。


今、目指すなら!米国弁護士資格

資格取得のしやすさ、高い合格率、日本国内外でのニーズの高まり等を総合的に判断すると、米国弁護士資格は企業法務に携わるビジネスパーソンが今もっとも目指すべき資格といえます。

米国弁護士資格の取得を目指す日本人は徐々に増えており、その数は今後も右肩上がりになることが予想されます。


もっと詳しく!GO!米国弁護士資格で証明する「知識」と「スキル」
もっと詳しく!GO!米国弁護士の活躍先
もっと詳しく!GO!日本の司法試験制度との比較




資料請求無料セミナー予約