Themis Bar Review Courseについて

米国法マスターコースでは、アビタスの日本語教材に加え米国Themis(テミス)社によるBar Review Courseを使用します。

Themisとは

会社名称 Themis Bar Review, LLC
本社 Chicago, Illinois
会社情報 2009年に設立、現在シェア拡大中のBar Exam対策予備校。すべての講義をオンラインで行う。カリフォルニア州・ワシントン州を含む32州のBar Review Courseを提供。

特徴1 充実したオンラインコンテンツ

Themisの講師陣は長年他の予備校などで活躍してきたベテラン揃い。 米国の学生と全く同じ教材で、Bar Exam合格レベルの深い知識を身につけましょう。 Lectureは1回20分のユニットで構成されており、忙しいビジネスパーソンでもスキマ時間を利用した学習が出来るよう工夫されています。

オンラインコンテンツ一覧

Outlines 科目別の網羅的なオンライン・テキスト
Lectures 20分ごとにユニット化された講義(講義後に確認問題を解く)
MBE PQs MBEの練習問題(科目別+科目Mixed)
Essay PQ Essayの練習問題
Essay Exams 実戦的なEssay模試
Graded Essays パーソナル・アドバイザーによる添削付きのEssay練習問題
Milestone Exams 実戦的なMBE模試

Lectureを聞きながら、Lecture Handoutに記入を進めていくスタイル。

スマートフォンやタブレットでご利用頂けるアプリもご用意。

学習進捗が一目で把握できるから、合格までの距離がつかめる。

他にもある!豊富なオンライン教材

・模擬試験など、受験直前期に役立つコンテンツを提供
・通常のBar Review Courseのほか、無料でご利用頂ける追加コンテンツも有り。
例)職業倫理試験(MPRE)対策用教材

特徴2 安心のサポート体制

Themisのアカウント作成後、「メンター」と呼ばれるスタッフが学生一人ひとりに割り当てられます。答案の添削や学習質問回答など、親身な対応であなたの学習をサポート。

特徴3 自信があるから公表できる、高い合格率


Themis オンラインコンテンツ使用までの流れ

Themis Bar Reviewは講義・問題演習・解説など、全て英語によるコンテンツです。

入会後、まずは米国法マスターコースのアビタスオリジナル教材を用い「日本語で米国法を理解すること」を目標に学習を進めましょう。日本語での講義受講およびFCSLでのLL.M.取得が終わり次第すぐにThemisオンラインコンテンツのアカウントを開設*し、日本語で理解したことを英語でアウトプットする段階に入っていきます。Themisオンラインコンテンツはアカウント開設後約1年間利用できます。

*アカウント開設は米国法マスターコース受講期間内の任意のタイミングで行って頂けます。アビタス経由で申請下さい。